ごんぴく+がじゅまる=(T_T) の巻
ごんもそろそろ2歳で落ち着いてきたある日のこと
私は思い切って、もう1匹犬が欲しいとごん父にお願いしてみた。
すぐに「うん」とは言わなかったが、一度だけフラットのブリーダーさんを2人で訪ねてみた。
そのブリーダーさんも「犬はもともと群れで生活する動物だから、1匹よりは2匹いた方がいいよ」と、2匹目を迎えることを勧めてくれた。そんなこともあってごん父もOKしてくれた(^_^)v


ごんは小さい時からたくさんの犬と遊んでいたので、
訓練士さんにも犬との接し方のうまいこですね… って言われていた。
だから仔犬が来ても絶対にうまくやってくれると信じていた。

【こいぬがやって来たっ!】
早速がじゅまるを家の中で自由にしてみた。
明らかにごんの様子がおかしい、初対面の犬と会った時とは全く違う…
がじゅまるが近寄ろうものなら
なぜかヨダレをぽたぽたたらしながら吠える・そして歯をむき出して怒った。
がじゅまるが来て最初の2日間、ごんは私に全く寄りつかなくなってしまった…(T_T)

その後も全く受け入れる様子なし。
ごんなら大丈夫… 私の単なる勝手な思い込みだった…。
ごんとがじゅが仲良くできる日はくるのだろうか…(>_<)

ホントに何度、がじゅまるをお返ししようかと思ったことか…(T_T)
知り合いでラブを欲しがっている人もいたので、その人にお願いしようかとも思った。
今日も一日なんとか終わった「明日あと一日がんばってみよーっ」てごんとがじゅに言い聞かせるように、一日一日をやり過ごした…
何日経ってもなかなかがじゅまるを家の中でフリーにさせることはできなかった。
がじゅはいつでもサークルの中、飛び越えられるほどの高さなのに自分から脱出することはしなかった。サークルの扉を開けていてもごんが近寄ればサークルの中に逃げ込んでしまった。
ほんとはすごく甘えたい時期だったのに…

ごんもほんとは今まで通り、ひとりっこ生活の方がきっと快適だったんだろう。
いらぬストレスを与えてしまった…
私の勝手な思い込みでつらい思いさせちゃってごめんね…
いつも心の中で犬たちに謝っていた。

やっぱり雄同士の多頭飼いって難しいのかなぁ、せめて雌にすべきだったんだろうか…
どうなるこれから…??? (T_T)(>_<)(T_T)(>_<)(T_T)